2009年10月30日金曜日

紅葉も終わり

video軽井沢に戻ってみるとさすがに紅葉も終わりそうです。特に町より標高の高いうちの周辺は色が褪せてしまっています。隣近所も枯葉掃除のおじさん、おばさん、或いは業者のお兄さん達が別荘の庭に出動しています。今日は午後から雑誌の取材があるので、お昼に軽井沢に入り、おなじみのカフェ・コンヴェルサに行くと、「松岡さん、食べる、ボルシチを始めたの」「今年もそんな時期になったかね」今シーズン最初のボルシチはご飯で食べることにしました。まだ、味がしみこんでいなくて、いかにも若いボルシチです。でもスープには塩味がほどよく利いていておいしい。おいしい。一旦家に戻ってから、自転車で取材先へ。またまた貴重な話が一杯。とても2ページの紙面では足りません。「手記」にでもしなければならない感じです。

神社の吸収合併


昨日のお昼、食事の後、近くの神社に寄ってみると、境内のベンチにサラリーマンらしき人達が食事をしていました。私も丸の内に勤めていたときに同僚と皇居の公園の方に行きベンチのあるところで食べました。わびしいといえばわびしいのですが、みんなが同じように食べていればなんとなく気が楽でいいものです。気候も良くなって屋外で食べるのに相応しい日でもありました。この神社はそう大きくないのですが、いろいろ由緒があるらしく、やたらに石碑が建っていて、教養のある事務局長にはふさわしいところです。しかも、神社の前の掲示板にこの神社が南青山のお稲荷さんを吸収合併するという告知があり、われわれを大いに面白がらせてくれました。

2009年10月29日木曜日

裏手の超高層ビル


朝、新聞を取るついでに久しぶりに4階への外階段を上がってみると、裏のマンション建設が更に進んでいました。超高層になるとその威容は不気味です。うちの事務局長が、このマンションの下のビル風はすごく、一昨日の強風のときは立っていられなかったといっていました。とすると強風の時はその先のセブンイレブンに行かれないという、死活問題にもなりかねません。もっとも、これだけのビルだと、コンビニは中に出来るのでしょうか。

2009年10月28日水曜日

これは!?


表参道から明治通りに入ると、猛烈な人人です。そんな人通りのところに、こんな動物が。連れている人は若い男性ですが、どのようなことを考えているのでしょうか。何故、このいたちのような動物をこの都会の真ん中に連れてきたのでしょうか。午後3時、私は原宿の事務所に向かって自転車で走っていました。

2009年10月27日火曜日

KURA連載開始


雑誌「KURA」への連載が始まりました。8月に出たこの雑誌の軽井沢特集で2つの記事で出たものの続きといっていいでしょうか。「軽井沢エコミュージアム」のためのヒアリングを記事にします。軽井沢に関係のある人々から話を聞いて、軽井沢の文化、自然を生かしていく方法を探ります。文章は私が書きますが、写真はカメラマンに撮ってもらいます。この雑誌は毎月前月の20日発売です。

2009年10月26日月曜日

ヴィラデスト悲しや


夏が終わってヴィラデストです。玉さんたちは元気にしていました。昨日は天気がイマイチで軽井沢では霧雨もありましたが、さすが、東御市辺りではなんとか曇り状態でした。アルプスまでは良く見えませんでしたが、近くの山は紅葉、遠くのやまは青くシルエットになっていました。われわらのK611の葡萄はもう収穫されていて、またも実っているところは見られませんでしたが、右隣の列ではまだ葡萄がたわわに実を付けていました。この写真をご覧下さい。
これまではなかった警告ボードです。ずいぶんマナーの悪い客が入るらしく、あちこちに
警告のメッセージボードが立つようになりました。残念ですが、このごろの日本人のマナーには本当にがっくりします。せっかくのヴィラデストの雰囲気がこれでいくらかこわれます。
昔「公衆道徳」と言っていたものを復活せざるを得ないところまできました。

2009年10月24日土曜日

軽井沢の紅葉


2週間の間に軽井沢はもう紅葉、黄葉とも最盛期を過ぎていました。うちの管理人のおじさんの話ではこの週末2日で終わりではないかということです。「松岡さ〜ん、来てるんか」と呼びかけられ、今月初めの台風のとき、わが家の雨戸が閉められず大変だったという話から始まりました。雨戸を閉めておかないと台風の風で折れた枝が飛び交い、ガラス窓を突き破ることがあります。網戸がガラス窓の外側にあるのですが、そんなものは役に立ちません。しかし、雨戸は長年の風雨でびくともしないようになっているのです。大工に手を入れさせようということになりました。これからは冬支度です。

2009年10月23日金曜日

新日フィルの夜

友達夫妻と新日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会でした。ようやく涼しくなって夜風がヒンヤリとし、外で食事をするにはやや寒い、こういう時期が一番ですが、来月はもう寒くなってしまうでしょう。ルーマニア人によるルーマニアの作曲家によるルーマニアの音楽となると、なんともジプシーサウンドで、眼前に民族衣装を着た男女が踊る風景が彷彿とします。夕食は午後9時半になります。サントリーホールの反対側にある「オーバッカナール」がいつも行くレストランです。いつもはビールで乾杯ですが、寒いのでキールにしましたが、ちょっと甘いか。後は赤ワインにしました。ここでゆっくり飲んで、食べて11時になります。たいてい最後の客として帰ります。

2009年10月22日木曜日

コオロギ相撲、幡井杯


観音崎自然科学博物館の石鍋館長へコオロギ相撲のために幡井先生から贈られた幡井杯、ハタイカップの引き渡しが行われました。これで楽しいコオロギ相撲の普及が一段と進むことでしょう。日本ではこのような催しを通じて主として子どもたちが生物世界の面白さに興味をもってもらい、それを通じて自然環境の意味を理解することが大切です。コオロギにも様々な種類があり、種によって性質も異なりまり、その多様性が相撲にも影響するので面白さはひろがります。秋も次第に深まっていき、そろそろシーズンもたけなわです。

2009年10月20日火曜日

ドイツ・エッセンから


昨夕はドイツから日本に建築でインターンに来ている友達のお母さんがドイツから休暇でやってきたので、歓迎の夕食会をうちでやりました。お母さんは医学研究所のドクターです。生憎本人は風邪をひいてお母さんだけがやってきて、他の友達と6人になりました。彼女がお土産にくれたドイツのカレンダーです。このカレンダーには「文化の首都」というタイトルがついています。ここは彼女の町エッセンを含むルール地方、以前炭鉱と鉄鉱のドイツ工業の中心として有名な地帯でした。この産業遺産を残して現在につなげているところが、夕張との大きな違いです。同じような歴史をうまく生かせるところと生かせないところの差は人間の能力の差でしょうか。先ほどもスエーデン研究の先生から「野外ミュージアム」というか「自由空間ミュージアム」について金曜日に軽井沢で話合いたいという電話がありました。

食後サックスを買う


うちの事務所の仲間がお昼ご飯を食べてから、ちょっと楽器屋に寄ってみましょうかと言うのでついて行きました。渋谷駅の近くで、ビルの4階が中古サックスのフロアになっています。
中古は2種類あって、ひとつは年代物、もうひとつは一般的な中古サックスです。彼は黙ってウインドショッピングをするのかと思っていたら、店員に向かって話しかけました。「質問1」,「質問2」などとだんだん詳しくきいていきます。そんなに突っ込んで引っ込みがつくのかと危惧していると、案の定、「じゃ、これにするかな」などと言い出しました。ええ、本当に買っちゃうのかと、驚いて見ていると、あれよあれよ、「もうちょっと、まからないの」「何か付けてくれるの」などと言って遂に買ってしまいました。奥さんにプロポーズしたときも、「質問1」、「質問2」、「持参金ないの」、「車もってるの」などとといって「じゃあ、結婚してもらおうか」といって即決したのでしょうか。

2009年10月18日日曜日

Farmer's Market@UNU


青山通りにある国連大学前の広場で毎週土曜日にやっている野菜の農家直売です。ワゴン車でのランチサービスもあります。それほどはやっているようには見えませんが、絶え間なく通る人が見ていきます。なにせ、買い物篭を持ったりして来る場所ではありませんから、どうでしょうか。でも土曜日に東京にいれば自転車で買いに来てもいいかと思いました。昨日は買う気がなかったので値段は見ていません。

2009年10月17日土曜日

コンドル先生


吉武ゼミが終わったのが夜の10時半、コンドル先生の背中を見ながら帰途につきます。ゼミの後半はパンとワインが出るので少し気分が高揚して夜風が気持ちよく感じられます。この時間になると大学構内も人がほとんど通りません。今日は「前川國男ー戦時下の思考と闘い」と題して松隈洋先生が非常に中身の充実した話で、スライド100枚があっという間でした。ゼミのメンバーに前川國男の設計事務所で働いた2人がいたこともあって、話は普通では聞けないものとなりました。 

2009年10月16日金曜日

ムベなるかな


私達の先生のところで「ムベ」という果物が話題になりました。

「琵琶湖のほとりに位置する滋賀県近江八幡市の北津田町には古い伝説が残っている。蒲生野に狩りに出かけた天智天皇がこの地で、8人の男子を持つ健康な老夫婦に出会った。
「汝ら如何(いか)に斯(か)く長寿ぞ」と尋ねたところ、夫婦はこの地で取れる珍しい果物が無病長寿の霊果であり、毎年秋にこれを食するためと答えた。賞味した天皇は「むべなるかな」と得心して、「斯くの如き霊果は例年貢進せよ」と命じた。」日経新聞記事より

ムベは郁子という字だそうで、さすが、奥さんの名前が「郁子さん」の仕事場の同僚はムベも故事来歴も知っていました、う〜ん、ムベなるかな。

ヴォーリズの近江八幡は先月行ったばかりです。そして、昨日、ヤマダ電機で買い物をしたらおまけにもらったのが、これまたなんと近江八幡の新米でした。
昨日は原稿書きに集中してお昼時間に買い物をしただけでした。原稿の方は最後の一行がうまく書けず今日に持ち越しです。

2009年10月15日木曜日

熊谷守一


文化勲章を辞退した有名な画家です。私が愛知県美術館から頼まれている文章を書く絵の熊谷守一の「雨滴」の原画があるかどうかをたずねて、昨日は池袋にある「熊谷守一美術館」に行きました。「雨滴」に巡り会えるとは思いませんでしたが、この絵が17日より信州高東美術館にかかることがわかりました。とても行けそうにありませんが、この絵が愛知県美術館の「木村定三コレクション」の中でも優れた作品であることは確認できました。これで安心して文章が書けそうです。美術館の壁の蟻の絵もなかなかいいものです。

2009年10月13日火曜日

夕張


これは北海道、美唄の広大な畑にかかった虹です。これは一昨日の午後4時頃ですが、その1時間ほど前にかなりの雨がありました。われわれは問題の夕張市を中心に元炭鉱だった地域を広範囲にわたってまわりましたが、三井、住友、三菱という旧財閥系の鉱山会社がこぞって石炭を大増産し、そして石油にとってかわられて、すべて閉山に追い込まれ、夕張市の人口で見ても最盛期の11万人から現在は1万1千人と10分の1になっているのです。今年は2度目の北海道ですが、この大地に立ちすくむというのが実感です。

2009年10月9日金曜日

東京「犬棒」物語





四谷三丁目から少し歩いたところでの工事です。クリストのインスタレーションを思い出しますね。












銀座四丁目、ど真ん中に折りたたみ自転車がつないでありました。なるほど、これならまあいいでしょうね。









青山通り、表参道近くで、都会の雑草の撮影でしょうかね。学生が映画を作っているのかも知れません。








東京はほんの1時間も歩けばこれですから、面白いですよね。雑誌「東京人」の編集をやっている友達からメールが入って、今日お昼、食事をしようとしたら玉村さんらしき人を見かけ、その前の日だかにはホリエモン、その前は野田秀樹など連日、こちらが一方的に知っているだけの人を見かけたと、東京は面白いですねえ。「犬棒」ですね。私の「ゼミの学生」は天才的な「犬棒」でつぎつぎに人がリンクしていきます。これは多分前世が本当に「犬」だったのでしょうね。もっとも「犬棒」ではなく、本当は「犬吠」だということで最近後ろから付けてきた人を噛んで追い払ったとか・・・・。

2009年10月8日木曜日

台風18号


ものすごい風でした。朝の11時頃でしたが、この建設中のビルの下に行ったところ猛烈な風で立っていられませんでした。仕方なく、危険を避けるために戻りました。あちこちで看板が倒れていて、従業員が掃除をしていました。空を見上げると雲のかたまりが一団となって次々に飛んでいきました。台風一過、明日は動けるでしょう。軽井沢がどうなっているか心配です。木が折れているかも知れませんね。それこそ監視カメラが使えるといいのですが、大阪の仲間と何度も試験をしているのですが、うまく作動しません。一昨年の台風のときは軽井沢では停電やらなにやら大変でした。あの時は次の日の朝に軽井沢に戻りました。

2009年10月7日水曜日

外国人の目に映った軽井沢疎開の日々


去年8月1日に軽井沢で会ったトム・ハーはハワイ在住のアメリカ人の写真家です。彼の両親はもともとはユダヤ系のハンガリー人で、ナチを逃れてパリ経由で日本にやってきて軽井沢で終戦を迎え、その前後4年間、軽井沢に居たのです。彼の両親を日本に誘ったのは有名なピアニストだった原智恵子、そして、パリ、軽井沢で友達だったのは、これまた有名な建築家、坂倉準三夫妻です。その原智恵子は後年、ガスパール・カサド・チェロ・コンクールを主催し、現在八王子市で続けられています。http://www.cassado-cello.jp/japanese/j_about01.html、また坂倉準三は今年没後40年を記念して軽井沢ではル・ヴァン美術館で展覧会が開かれています。http://www.levent.or.jp/ この写真はトムの父、フランシス・ハーの素晴らしい写真集、坂倉準三の展覧会の記念カタログ、そして、赤い本はトムが是非読むようにと紹介してくれた、彼の友達、アイザック・シャピロが最近出版した「EDOKKO」で、この人も軽井沢に疎開してその大変だった生活が生き生きと書かれていて大変興味深い本でした。

午後の境内

お昼を食べた帰りに近くの金王八幡神社を通りかかると、オレンジ色の雨傘の女性がためらいがちに境内を歩いていて、しばらくして意を決したのか、拝殿に向かって階段を上っていき、拝んでいました。お賽銭はいれたかどうかわかりません。鈴は鳴らしていませんでした。雨のせいか、いつもいるネコもどこかで雨宿りをしているのでしょう。「猫とも会」(神社公認の猫に餌をやってよいグループ)のメンバーもいないようです。静かに午後が過ぎていきます。

2009年10月5日月曜日

東京の生活はランチから

東京の生活が再開されると仕事場の仲間が付き合ってくれるときは、近くに食べに行きます。時間を間違えると、一杯だったり、未だ店が開いていなかったり、なかなか大変です。この「食幹」という和食の店は人気が高く、少し早めに行って待って入りました。今日は穴子の天ぷらでした。ここはお米がよくてご飯がおいしいのです。基本ですね。ここはコーヒーがついていないので、戻って仲間にうまいコーヒーを入れて貰います。この時、つい長話になると午後の仕事のベースが崩れます。

2009年10月4日日曜日

秋を感じる


軽井沢の家の管理人のおばさんは絵心のある人ですが、昨日はおおきななめこを両手に一杯もってきてくれ、今朝は「ちょと、秋を感じて頂こうと思って」とコスモスとワレモコウとゆでた栗をもって来てくれました。「ワレモコウはイノシシにちょっとたべられてしまって」ということです。花を花瓶にさし、甘い栗をいただいて、初秋の軽井沢を楽しみました。お昼前に自転車で町に下りて、知り合いの店を訪ねました。カフェ・イーナではブラジル人の奥さんに、リオ五輪決定のお祝いを言いました。「東京でもよかったの」ということですが、嬉しそうでした。ここで、喜ぶべき事に今月29日〜11月8日まで「追分コロニー」で開かれる、河村目呂二展のDMが置いてありました。「目呂二の追分猫日和」是非、見に来てください。
帰りは3時過ぎて気温が低下、坂道を自転車で登るとももの筋肉があと数分でつること確実という状況になりました。家で直ぐにお風呂に入ってバンテリンをすり込みました。これからは寒くなるので、自転車は気をつけなければなりません。

2009年10月3日土曜日

中秋の名月


軽井沢のスパーつるやの駐車場に出てきたところ、嘘だろうと思うほどの満月でした。今日は朝から雨で,予報と違ってなかなか晴れず、こんなおおきな月が見られるとは思いませんでした。仕事仲間が夫婦でやってきてくれたので、久しぶりに千ヶ滝に行ったりして、十五夜はおまけのようなものです。彼は写真家で、俳人です。多分、名月の写真を名句とともにブログに上げるかも知れません。ブログにあがっていたら、そのブログを教えましょう。千ヶ滝でも俳句をひねっていましたが、肝心の中秋の名月を前に句を作ってもらうのを忘れました。

2009年10月2日金曜日

今日の軽井沢駅

未だ観光客はこりないようです。相変わらずの軽井沢駅到着状況です。今日は天気も悪く、夕方近くには土砂降りになりました。朝、10時過ぎに東京駅に着いて、さっそく地下に行き最寄りの「築地・竹若」で,ここの得意の厚焼き玉子と太巻き、押し寿司詰め合わせを1,280円で購入、それから管理人の叔父さんへのお土産のお菓子などを買って新幹線ホームへ上がります。軽井沢駅に着いて気がつきました。11時27分に着いても家の方へ向かうバスは12時半までありません。タクシーは3千円かかるので乗るわけにはいきません。本を読んで待つことにしました。

2009年10月1日木曜日

表参道散見

毎度の表参道スパイラルの風景です。先週、フランスの友達がここで何か彼女のボーイフレンドに買ったとかさわいでいましたが、ときどき和風のものが売っていたりするもので、そんなものを買ったのでしょう。今朝、歯医者さんが表参道に行った話をしてくれました。この先生はとにかく観察が鋭いので、紀ノ国屋に行ってみると団塊の世代までは夫婦とか、友達とか複数で買い物に来るが、それより下の年齢は一人で買い物をしているのがほとんど。表参道の南青山を一本入ると美容院が多いが、あれはどうやって共存しているのだろうかとか。その話を聞いたので、表参道に自転車を止めて少し観察してみると、どうもセレブの若夫人たちが青山学院の幼稚園か小学校かの子供を連れているのが目に付きます。それにしても、またスパイラルの前は行列です。何でしょうか。

秋の?「あけび」

残念ながら見せて頂いただけで、食べていないので、「秋の味覚」とは書けませんでした。でも、先生の浜松お墓参りのお土産のういろうは美味しく頂きました。軽井沢でもそろそろあけびが見られるかも知れません。場所はわかっているのですが、国有林の中なのですが、道に近いところにあるので、たいていは誰かにとられてしまいます。明日、軽井沢に行って見てみましょう。栗もとれるとおもいます。木によって豊作かどうか、庭も見てみましょう。庭の栗も留守をしている間にたいていとられてしまいます。軽井沢もめっきり人口が増えたので、栗やくるみがのどかに地面に広がって見えることがなくなってきました。同じような帽子をかぶり、同じような上っ張りを着て、同じようなトレーナーのズボンのようなものを履いた、同じような年齢の人達が他人の庭にはいって、栗、クルミ、キノコ、どんぐりを採っていきます。春になるとサクラソウなどの花も盗られてしまいます。猪や熊の方が許せると思うときもあります。人間のあさましさには限度がありません。